女性

他社からひかり電話に切り替えるなら|賢く計画的に

電話の今と未来

携帯

固定電話は家電(いえでん)と呼ばれるようになりました。携帯電話が普及してもまだまだ、利用することはあります。市外局番から始まる固定電話の番号は安心です。個人の電話番号でも、インターネット回線を利用する時や、連絡が不明になってしまった、古い友人など、固定電話があると安心です。

詳細へ

通信機器の変化と使い方

会社

携帯電話の普及が進み、以前に比べると固定電話の利用者は減っています。しかし、仕事やプライベートでのFAX利用や電話料金の安さから、固定電話を利用する人はゼロにはありません。携帯電話からの通話が高い電話には固定電話から通話することで、電話代を節約できるでしょう。

詳細へ

繋がる安心を買おう

スーツの男性

災害時の安否確認では、電話を使う場合が多いでしょう。固定電話は停電時でも使えるので、携帯電話よりも災害時に繋がり易いです。固定電話に必要な電話加入権は、ネットオークションや中古専門会社で買うのがお得です。

詳細へ

通信費を節約

電話する男性

契約業社解約タイミング

家計の負担を少しでも軽くする為に、通信費の節約が注目されています。通信費と言っても、様々なものがあります。携帯電話、固定電話、インターネット代、テレビの受信料等です。通信費節約の為に、料金の安い契約業者でひかり電話に変更するのですが、注意しなければならないことがあります。それは、元の契約業者の解約のタイミングです。例えばケーブルテレビが運営している会社から大手通信会社に変更する場合、番号管理変更の手続きを行うのですが、番号の管理がケーブルテレビから大手通信社に変わるのに最大2週間かかります。そこで、もしケーブルテレビ側の契約をすぐに解約しているとこの2週間の間は、電話が使えなくなります。対策として、番号管理業者が切り替わるまで、元の契約業者の解約をしないことで使えない期間を無くせます。

お得に節約する方法

通信業者を切り替える際に、通信費をまとめるとさらにお得です。携帯も固定電話もインターネットもテレビも一つの業者にまとめます。それだけで、今までよりもかなり安くなります。また、複数年契約を結ぶと、年々安くなってゆきます。将来的に引っ越す予定がなければ、業者を変更することは無いと思いますのでこの複数年契約は結んで損は無いです。さらに、固定電話ですが、ひかり電話に変更します。ひかり電話は、IP電話の一種ですが音質はとても良く、通話が途切れることは無いですし、通話料も安くなります。最後に、各通信会社が独自で行っているキャンペーンを利用するというものがあります。例えばひかり電話+インターネット+テレビ同時契約で、キャッシュバックというものがあります。このキャンペーンを利用すれば、契約業者切り替えに伴う解約料等の諸経費を0円にすることができる場合もあり、お得に節約できます。

Copyright© 2016 他社からひかり電話に切り替えるなら|賢く計画的に All Rights Reserved.